トップページ > 縁結び神社一覧 >  神魂神社

神魂神社


神の魂の神社と書いて神魂(かもす)と読みます。

松江市の「大庭」という地名は神様の祭りごとをする場所のことを指しますが、その大庭町に神魂神社があります。

イザナミノミコトを主祭神として祭る神社で、通称"大庭の大宮さん"と呼ばれています。意宇六社(おうろくしゃ)の一つに数えられる格式の高い神社です。

神魂神社の見所

神魂神社を造ったのはアメノホヒモミコト(天穂日命)とされています。

アメノホヒノミコトは、オオクニヌシノミコトを出雲大社祭祀するように命じられた神様で、アマテラスオオミカミの第二子とされており、出雲の守護神としてイザナミノミコトを祀りました。

それがこの神魂神社の始まりといわれています。

天正11年(1583年)に建てられた現存する最古の大社造りです。

本殿の向かって左側には貴布祢(きふね)社があります。社殿が小さいのであまり目立ちませんが、桃山時代の建築様式である2間社流れ造りで、国の重要文化財に指定されています。

社務所脇に安置されている古い鉄釜はその昔、出雲国造の租神であるアメノホヒノミコト(天穂日命)が高天原から降臨された時乗ってきた釜であると伝えられています。

八重垣神社から歩いて行けるくらいの距離なので、あわせてお参りに来る人も非常に多いです。

このページのトップへ↑

神魂神社へのアクセス

住所 島根県松江市大庭町377
電話番号 0852−21−6379
最寄り駅 JR山陰線「松江駅」→一畑バスで「終点大庭車庫」すぐ
神魂神社ホームページ なし


このページのトップへ↑